家庭教師プロ
家庭教師のイメージ

★家庭教師の選び方で困っているあなた

★学習塾と家庭教師のどっちがいいか迷っていろあなた

★受験前だから、家庭教師を考えているのだけど、、というあなた

★どこの家庭教師会社がいいのかな?というあなた

★料金や家庭教師の比較を確かめたい!というあなた

★家庭教師を目指しているあなた!


当サイト『家庭教師プロ』では、私が実際に体験したことを基に “家庭教師業界の今” をみなさんに紹介したくて作りました!志望校合格を目指し家庭教師を考えているあなたや、逆に家庭教師を目指しているあなたの参考サイトになれれば幸いです。

家庭教師選び2

家庭教師選ぶ時のポイント

ここからは、私の今までの経験も踏まえた上で、教師選びのポイントについて紹介していくよ!

 

良い先生って言うのは、生徒の勉強のことだけじゃなくて、生徒の性格とか行動をよく熟知していたり、生徒のことをよく見ているんだ。生徒の性格をよく知らなかったら、生徒が宿題を出来なかったって時や何故か成績が伸びない時、勉強に身が入らない時なんかにも適切なアドバイスをすることはできないよね。だから、生徒の心をつかめるような先生っていうのは、勉強だけじゃなくて生徒の事をよく熟知している人なんじゃないかな?と私は思う。

 

でも、会って初めて、もしくは会ったたこともない家庭教師を判断して選ぶってかなりハードなことだよね。そしたら、その段階でどうやって教師が生徒をよく見てくれるのかどうかを判断できるのかな?今は、いろんな会社で先生との面接ができたり、体験授業ができたりするみたいだから、まずはそうやって先生が生徒に対して積極的に話しかけているか見るようにするといいかもしれないね!

 

TOPへ

誰でも初めて人に会う時は不安

 

 

誰でも初めて人に会うときは緊張するし、ちょっと不安だよね。生徒もそうだけど、教師はもっと不安かもしれない。生徒が、『どんな先生だろう?』 と不安な気持ちで面接や体験授業をすると思うんだけど、本当は先生だって生徒と同じように、『生徒はそんな子かな?良い子かな?』 なんていうふうに、生徒よりもずっと不安かもしれない。これで、仕事が出来るか出来ないか決まるんだからね。

この生徒は、うまく私と打ち解けてくれるかな?や、この生徒は、私の授業でやる気を出してくれるかな?とか、私の力でこの生徒の成績をUPさせられるかな?などなど、家庭教師も実はとっても不安なのです。

 

生徒は、もし先生と性格が合わないとか、イヤだと思えば先生をクビにすることも簡単だし、その派遣している会社に言って代わりに他の先生を依頼することだってできる。でも、家庭教師は 『仕事』 として教師をやっているから簡単に辞めるわけにはいかないよね。だから責任感がくて、長期間この仕事を続けているベテラン教師ほど、生徒さんの性格を知ろうと心がけるじゃないかな?

 

先生によっては、先生がその生徒の両親に直接、子供の性格や特徴を聞く人もいるかもしれない。先生にとって担当する生徒の性格が少しでもつかむ事ができるなら、ミスマッチを予め防ぐ事ができるし、生徒の性格に合わせてアドバイスしていけるよね。

 

TOPへ