家庭教師プロ
家庭教師のイメージ

★家庭教師の選び方で困っているあなた

★学習塾と家庭教師のどっちがいいか迷っていろあなた

★受験前だから、家庭教師を考えているのだけど、、というあなた

★どこの家庭教師会社がいいのかな?というあなた

★料金や家庭教師の比較を確かめたい!というあなた

★家庭教師を目指しているあなた!


当サイト『家庭教師プロ』では、私が実際に体験したことを基に “家庭教師業界の今” をみなさんに紹介したくて作りました!志望校合格を目指し家庭教師を考えているあなたや、逆に家庭教師を目指しているあなたの参考サイトになれれば幸いです。

塾? 家庭教師?

 

塾?それとも家庭教師?これって、ちょっと迷ったりしない?そういう人ってけっこう意外に多いんじゃないかな?また、塾に入った後も『これで本当の良かったのかな』 なんてこともあるかも、、、。そこで、このページでは塾と家庭教師の比較をしながら、みんなそのどちらかを選択する際の参考になればいいなと思うよ。

授業のスピード

 

まず、一般的に多くの生徒が通う塾だけど、塾にくカリキュラムというものがあって学校の延長みたいな感じ。だから、一回の授業でやるべき内容は前から決まってて、それに沿って先生は授業を進めていくんだね。そして、生徒もそれに沿って授業を受けていく。でも、勉強をするペースや覚えるスピードなんかは、人によって違う、だから中には理解するまでに時間が掛かる子もいる。しかし、難関校受験を目指しているような子のペースを乱すわけにもいかないのだ。

 

塾の先生も、もしそれに気づいたとしても授業をストップするわけにはいかないよね。もうとっくに理解している子もいるから、その子達のことも考えてやらなきゃいけないし。だから、だいたい3分の2とか、もしくは半分くらいの生徒が理解できた時点で次へ進んでいくんだね。そうでもしないと、リキュラムを終了するのって難しいんだ。

 

理解の遅い生徒は自分が納得のいくまで考えるって生徒の場合が多い。中には初めっから 『わかんな~い』 と言ってる人もいるけど、根気よく説明して行くと、場合によっては、理解が早かった子よりも納得するまで時間のかかった子の方が後々伸びるケースもある。

 

塾の中には個別指導というスタイルを取って補習を実施し、普段の授業についてこれなかった生徒の特別な時間をつくる塾もある。家庭教師の場合には、生徒と数時間二人だけでじっくり説明できるから、生徒がわからない個所については徹底的にアドバイスができる。

その点では、家庭教師はすごくオススメ。受験に強い家庭教師だっている。でも、家庭教師の場合には塾のようにカリキュラムがなく、授業の進行スピードや内容などは全部先生によって決まる。だから、その先生によって授業がなかなか進まなかったり、成果が得点となって反映されるまでには時間がかかってしまう可能性もあるわけで、メリットばかりではなさそうだね。

 

TOPへ

先生の質を比較してみる

 

みんなもわかるように塾の講師というのは、大勢の生徒の前に立ち講義をする。まぁ、それは各塾にもよるのだけど、通常は教壇に立つまでには何十時間にもわたる研修や受験に関するノウハウの習得、テストなんかをクリアーしていくらしい。一般的に言うと、家庭教師の給与よりも塾の講師の給与の方が高い。それも、塾講師にはレベルの高い指導力が求められるからなんだね。それからも、塾の講師の質は一般的に高いと言えるかもしれない。

 

では、家庭教師の場合は?ってことなんだけど、家庭教師の場合だって通常は派遣される会社から派遣される際には、前もって研修を受けなきゃいけない。それに合格して派遣される場合が多いらしい。でも、家庭教師の場合には、ほとんどが大学の在校生なので指導力が不足しているケースが多いんだとか。でも一方では、大学生ということで生徒と比較的に年齢も近いし、生徒の悩みなんかも聞いてあげられる。それは、大きなメリットだと思う。それに家庭教師の中にもプロの家庭教師ていう人がいて、以前に塾で講師をしていたという経験者や、何十年と家庭教師として働いている人だっている。そういう人達の指導力はかなり信用できるモノだろう。

 

TOPへ